ネイティブリスニング:字幕を見て映画を同時の復唱できればリスニングは習得。巻舌的に舌が脱力して弾けて動き、話者の口唇に同期して復唱できれば、動的発音の試行錯誤ができて、英語音節が動的に発声できて、映画の速さで喋れる結果、映画の動的リスニングが達成。

開放特許情報番号
L2019000007
開放特許情報登録日
2019/1/17
最新更新日
2021/10/8

基本情報

出願番号 特願2018-208461
出願日 2018/10/19
出願人 里村 祥二
公開番号 特開2020-067644
公開日 2020/4/30
登録番号 特許第6900605号
特許権者 里村 祥二
発明の名称 動的発音による言語のリスニング学習システム
技術分野 情報・通信、生活・文化、その他
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 映画の速さで喋るには、話者の口唇との同期が必須。一方、市場の映画では、字幕と口唇が、ふらつかず安定して同時に近接で見えるものはない。本発明は、上記映画の同時復唱を、口唇の動きに同期した発声で、聴けない音が発音できて、聞ける音に変えるリスニング支援ツール。
目的 発音できない音は聴けず、発音できるには、音節・単語が動的に変化する速い英語の発声において、舌は慣性で弾けて動く必要がある。発話・飲食では半随意筋の舌には、一音づつ区切って冗長に喋れる日本語的音節に対し、動的に繋がる映画の速さでは、カスタネットのリズムの如く叩き出すような音節・単語の区切れと弾ける舌の動きが要求され、口唇の同期がその指揮となる。日本語音節は子音毎に母音が付随し、母音では口が開いて舌の慣性が失速し、日本語的音節では構造的に英語の速さは不可能。発音できない音は、いくら聞いても認識できません。
効果 リスニングでは、話者の口唇の動きを見ながら聞くと効果的。又、字幕を見ながら英語の速さを聞くことは可能でも、字幕を見ながら口唇に同期しての同時の復唱は、字幕と口唇が近接で安定しない限りアクロバット的に難しい。上記3つの同時遂行は市場のDVDでも何年もかければ不可能ではないが、差し迫った要求を満たすに実践的でない。本発明では音声英語に関し、日毎の進歩が実感され、「映画・ニュースを聴くこと」を含め他の市場の方法とは比較無比のはず。理論的な解説や動画ではなく、音声英語の試行錯誤を可能にしたためです。
技術概要
英語と日本語では、音節・単語共に著しく異なり、英語が難しい。例えれば、日本語は舌先を置きに行き、英語では投げて目標に弾くようなもの。飲食・喋りでは半随意筋の舌は、自身では位置・動きの制御はできず、発音を司る言語中枢の直接制御や、他の音声器官(唇・鼻・顎・頬等)の協調制御によるため、舌の動かし方の説明や動画などは意味をなさない。その舌には極めて速い動きが要求され、舌先は弾けて移動の必要がある。そして、映画の速さでは、静的に置きに行くような舌先の移動方法では間に合わず、力づくでセリフを追随して、速く喋ろうとしても無駄である。舌は、跳ねて弾けて動くのである。そして口唇でも音節のみならず、そして単語の発音でも一音で弾けるような動的発声が要求されるが、口唇の動きから日本語的音節を排除しない限り、英語を聴きながら模倣はできない。そこは、話者の口唇の動きで発声の音頭をとり、半ば強制的に口唇を動かす必要がある。速い口唇が身につくと、動的な英語音節の発音が試行錯誤できるようになる。つまり、英語の音を聴いてその音を模倣できるようになる。この工程を本発明の支援システムが著しく短縮する。
実施実績 【有】  口唇と字幕が近接し、同時に見られる場面は市場のDVD映画でも希少ではあるが、なくはない。それらを探し出して本発明の機能を実践することで、狙いの効果が確認できている。
許諾実績 【有】  開発後に膨大な改良実績があります。
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 ご相談です。

アピール情報

導入メリット 【新規参入】
改善効果1 映画の速い同時復唱は、巻き舌的に舌を弾けても更なる速さがほしい。対策は、カスタネットのリズムの如く一音に弾ける単語毎の発声と、鼻声を保ち、上顎への舌の吸い上げバイアスなどがあるが、話者の口唇との同期でこれらは達成する。
改善効果2 本支援システムでは字幕は一貫して必須である。字幕は喋る単語の綴りの指針であり、同時に学習者の復唱の暴走を防止する。字幕なしで喋りまくれば、日本語的音節が混在し、熱心な学習ほどリスニングが回復不能にまで陥る可能性もあるが、本支援システムが歯止めをかける。
改善効果3 読み・書き・喋るは、努力に見合ってそれなりに進歩する。一方、ネイティブリスニングは、留学がベストであろうが、同等の効果を、日本語音節的発音が染みついてネイティブリスニングが妨げられている長年の英語ユーザーもリフォームで飛躍の再稼働。
アピール内容 仕事英語でも、読み書きは努力・工夫に応じて進歩があり、発音は悪くても通じます。しかし、ネイティブ圏でのリスニングは違います。東南アジアなど非ネイティブ圏の仕事では、リスニングは事実上不要です。そこで培った英語でネイティブ圏に送られるとリスニングはお手上げになり、短期間での対策はありません。対策として「聴くだけ」では、必死でも上達ゼロ、ニュース等を字幕なしで同時に復唱してはゼロではなく負の効果。字幕なしで聞こえた音を同時で復唱すると無意識に日本語的音節を当てはめて、頑張るほど、リスニングが痛みます。
解は試行錯誤です。字幕を見ながらネイティブの代用の映画を見ながら同時に復唱すれば、映画の速さで喋れればOKです。やってみると多分すぐに投げ出したくなるでしょう。セリフ的に速く喋るには:●舌の動きは速く且つ随意筋的制御は不可のため、脱力して弾けて動き、巻舌的音になる、●この速さの担保には、鼻の付け根を「ン」絞って舌先の上向きバイアスをキープする。これで相当速くなり、それなりに同時復唱ができて、字幕を見て聞きながら発音を重ね合わせて比較できるようになる。聞く音と喋る音の違いが知覚できて、試行錯誤で修正できるようになる。試行錯誤には、英語音節で発音できることが必須で、上述の巻舌能力等が支援する。例えば、Rの場合、響き方の違いで是正する。図解などで舌の位置の修正はならない。舌は意思で制御できる音声器官ではない。
さて、複雑な英語音節は、極端に単純な日本語音節とは違い無数に存在するが、音節の構成要素は単純な音素で、日本語音素・音節(50音)を基にしたうまい方法がある。カ行からワ行までの各音毎になが〜く引き伸ばして発音すれば、付随する日本語母音から英語子音が抽出し、一網打尽で抽出。母音には頻繁に登場する「曖昧母音」もあるが、本発明は映画の速さを動的に同時復唱できることが目標で、この速さでは、母音は無意識に曖昧発音的になりがちで、少数の「ア」「オ」など曖昧母音でない真の母音では試行錯誤で口を大きく開けばOKです。
しかし、なお速さも正確さも十分ではなく更なる策が必要で、それが視覚の支援である。話者の口唇の動きを見ての同期の発声です。市場のDVD等では口唇の揺らぎ・字幕との近接さ等が不十分につき容易ではない。本発明は問題を解決し、第一線の英語ユーザーへのリフォームを支援します。
出展実績 なし。

登録者情報

登録者名称 里村 祥二

技術供与

図面の開示 【有】
図面1 システムの性格上設計図面はありませんが、概要図は作れます。
マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 詳細なマニュアルの作成は可能です。
その他の開示 【有】
その他1 技術は開示いたします。ご相談ください。運用には本が書けるほどのデータがあります。
技術指導 【可】
期間 可能です。何なりとご相談ください。使用方法のマニュアルが必要です
技術指導料 【 】日本の英語は変わります。その意味はご説明いたします。
コンサルティング 【可】
期間 期限は定めておりません。
コンサルティング料 【 】市場にあるような、動画・図解などの習得方法とは異なり、人に備わった音声機能活用の音声英語の試行錯誤方法です。コンサルティングは重要です。

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】何なりとご相談下さい。
必要設備 【有】システムを製造するには声優さんなどの人材が必要です。又、収録スタジオも必要です。しかし、コンサルティングに特化することも可能です。
設備費用 【有】録音録画用のスタジオが必要ですが、何本も作る必要はありません。同じ映画を続けても効果は落ちません。
ポテンシャル 【要】質問の意味は不明ですが、当該システムは、日本の音声英語を根本的に変える著しいポテンシャルがあります。
マーケット情報 【有】ネイティブリスニングにおいて、飛躍の必要がある長年の英語ユーザーの数は計り知れません。一方、初心者にとっても莫大な無駄が省けます。
質的条件
事業化実績 【無】 
その他情報 【要】仕事前などの留学は別として、国内や非ネイティブ圏での英語の長い経験はリスニングの足を引っ張ることが多く、それを踏み越えての急成長には本発明が必要です。

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT