有害鳥獣追払い装置

開放特許情報番号
L2019000006
開放特許情報登録日
2019/1/9
最新更新日
2019/1/9

基本情報

出願番号 実願2018-002498
出願日 2018/6/14
出願人 有限会社いずる機械
登録番号 実用第3217837号
特許権者 有限会社いずる機械
発明の名称 有害鳥獣追払い装置
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 有害鳥獣追払い装置
目的 夜行性の害鳥から農作物等を守る有害鳥獣追払い装置を提供する。
効果 本有害鳥獣追払い装置ではレーザー光線の残像がテグスの役割をし、レーザーポインターを振ることによりテグスが近寄ってくると鴨が誤認識し、鴨が圃場に近寄らなくなった。
技術概要
レーザー光線を照射するレーザーポインター、レーザーポインターを所定の角度に水平に振る首振りモーター、レーザーポインターや首振りモーターの動作時間の調整するタイマー、レーザーポインター、首振りモーター、タイマーに電力を供給するバッテリーで構成した機器で、レーザー光線を所定の時間間隔で照射すると共に所定の角度に水平に振ることにより有害鳥類を追い払う有害鳥獣追払い装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 徳島県発明協会

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT