被処理水の浄化方法

開放特許情報番号
L2019000003
開放特許情報登録日
2019/1/9
最新更新日
2019/1/9

基本情報

出願番号 特願2016-117355
出願日 2016/6/13
出願人 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
公開番号 特開2017-221873
公開日 2017/12/21
登録番号 特許第6412062号
特許権者 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
発明の名称 被処理水の浄化方法
技術分野 化学・薬品
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 被処理水の浄化方法
目的 被処理水からの金属イオンの除去を被処理水を連続的に通流させつつ行うことができ、かつ処理した水に含まれる有機物量を抑制できる被処理水の浄化方法を得ること。
効果 被処理水からの金属イオンの除去を被処理水を連続的に通流させつつ行うことができ、かつ処理した水に含まれる有機物量を抑制できる被処理水の浄化方法が得られる。
技術概要
タンパク質を含む有機物含有材料を有する第1処理床と、硫酸還元菌及び穀物殻を含む生物処理材料を有する第2処理床との順に、金属イオン及び硫酸イオンを含有する被処理水を通流させて、前記被処理水から前記金属イオンを除去する被処理水の浄化方法において、
前記第1処理床と前記第2処理床との順に、前記被処理水を、前記第2処理床における前記被処理水の流量Qw(L/hr)と前記第2処理床の断面積S(m↑2)とで表される値Qw/Sが0.122〜18.4L/hr/m↑2となるような通流速度で通流させて前記第2処理床における硫酸還元菌を増殖させる増殖工程を有し、
前記増殖工程は、前記第2処理床を通流した処理済水のORP値を測定し、該ORP値が0mVを下回るまで行う、被処理水の浄化方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT