流体充填装置

開放特許情報番号
L2018002655
開放特許情報登録日
2018/12/28
最新更新日
2018/12/28

基本情報

出願番号 特願2008-187518
出願日 2008/7/18
出願人 麒麟麦酒株式会社
公開番号 特開2010-023879
公開日 2010/2/4
登録番号 特許第5160989号
特許権者 麒麟麦酒株式会社
発明の名称 流体充填装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 飲料等の流体を容器に充填する装置
目的 充填量のばらつきが大きい充填経路を特定することが可能な流体充填装置を提供すること。
効果 充填量がばらつくことにより生じる、充填量が不足する充填経路を特定して適切な対策を講じることができる。
技術概要
容器に対応付けられた充填経路のそれぞれを開閉する充填バルブと、
充填経路のそれぞれに設けられ、各充填経路を単位流量の流体が流れる毎に所定の検出信号を出力する流量計と、
充填バルブの開放を指示してからの流量計の検出信号を計数し、該検出信号の計数値が目標充填量に対応する設定値に達すると充填バルブに閉鎖を指示することにより、目標充填量の流体が容器に充填されるように各充填バルブの開閉を制御するバルブ制御手段とを備えた流体充填装置において、
バルブ制御手段が各充填バルブの開放を指示してから閉鎖を指示するまでの時間を充填時間として充填経路毎に検出する充填時間検出手段と、
充填機会における充填時間の検出値の統計的ばらつきを示す値を充填経路毎に算出するばらつき算出手段と、
ばらつき算出手段が算出した値に基づいて、充填経路を介した充填量のばらつきが許容範囲を超えているか否かを充填経路毎に判別するばらつき判別手段と、
ばらつき判別手段にてばらつきが許容範囲を超えていると判別された充填経路に関して、充填不良の発生及び該不良が発生した充填経路を特定するための情報を所定の出力先に通知する不良通知手段と、
を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 キリン株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT