自重補償装置および力覚提示装置

開放特許情報番号
L2018002648
開放特許情報登録日
2018/12/27
最新更新日
2018/12/27

基本情報

出願番号 特願2017-037180
出願日 2017/2/28
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2018-140475
公開日 2018/9/13
発明の名称 自重補償装置および力覚提示装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 自重補償装置およびそれを用いた力覚提示装置
目的 シンプルかつ軽量な構成で、回転体への負荷の変化に応じて、自重補償の補償重量を高応答に制御することができる自重補償装置、および、それを用いた力覚提示装置を提供すること。
効果 シンプルかつ軽量な構成で、回転体への負荷の変化に応じて、自重補償の補償重量を高応答に制御することができる自重補償装置、および、それを用いた力覚提示装置を提供することができる。
技術概要
回転軸を中心に上下方向に回動可能な、回転体と、
前記回転体に作用する下向きの荷重の少なくとも一部を補償するように前記回転体を支持する、弾性支持部とを備え、
前記弾性支持部は、少なくとも一部に、長さを変化させることなくばね定数を変化させることができる、可変弾性体を含むことを特徴とする自重補償装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT