広帯域レーザー出力装置

開放特許情報番号
L2018002630
開放特許情報登録日
2018/12/24
最新更新日
2018/12/24

基本情報

出願番号 特願2016-127278
出願日 2016/6/28
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 特開2018-004722
公開日 2018/1/11
発明の名称 広帯域レーザー出力装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 広帯域レーザー出力装置
目的 安価で、しかもコンパクトな広帯域レーザー出力装置を提供する。
効果 安価、且つコンパクトな広帯域レーザー出力装置を提供することができる。そのため、様々な産業分野で簡便に利用することが可能になる。
技術概要
シングルモードのレーザーダイオードを光源とし、所望の周波数のパルスレーザー光を発振するレーザー発振装置と、
前記レーザー発振装置から発振された第1レーザー光を誘導する第1光ファイバと、
マルチモードレーザーダイオードと、
前記マルチモードレーザーダイオードから出力された第2レーザー光を誘導する第2光ファイバと、
前記第1光ファイバにより誘導された第1レーザー光と前記第2光ファイバにより誘導された第2レーザー光とを結合するレーザー光コンバイナと、
前記レーザー光コンバイナに接続され、該レーザー光コンバイナによって結合された結合レーザー光を誘導し、誘導された前記結合レーザー光を出力するダブルクラッドファイバと、
を備え、
前記ダブルクラッドファイバの長さを変化させることを特徴とする広帯域レーザー出力装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT