萎黄病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットおよび萎黄病菌の検出方法

開放特許情報番号
L2018002624
開放特許情報登録日
2018/12/24
最新更新日
2018/12/24

基本情報

出願番号 特願2017-246578
出願日 2017/12/22
出願人 国立大学法人宇都宮大学
登録番号 特許第6381771号
特許権者 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 萎黄病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットおよび萎黄病菌の検出方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 萎黄病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットおよび萎黄病菌の検出方法
目的 LAMP法を用いた萎黄病菌の検出方法として、より迅速な方法の提供。
萎黄病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットを提供する。
効果 LAMP法によって萎黄病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットが提供される。このプライマーセットを用いて、萎黄病菌を迅速に検出することができる。
技術概要
LAMP法により、萎黄病菌由来の核酸を増幅するためのプライマーセットであって:
配列番号1の配列により示されるポリヌクレオチドもしくは配列番号1の配列により示されるポリヌクレオチドにおいて、萎黄病菌由来の核酸を増幅可能な範囲で変異を含み、該変異がF2領域(配列番号8)とF1c領域(配列番号7)との間への1〜6ヌクレオチドの配列の挿入であるポリヌクレオチドからなるFIPプライマー、
配列番号2の配列により示されるポリヌクレオチドもしくは配列番号2の配列により示されるポリヌクレオチドにおいて、萎黄病菌由来の核酸を増幅可能な範囲で変異を含み、該変異がB2領域(配列番号10)とB1c領域(配列番号9)との間への1〜6ヌクレオチドの配列の挿入であるポリヌクレオチドからなるBIPプライマー、
配列番号3の配列により示されるポリヌクレオチドからなるF3プライマー、および
配列番号4の配列により示されるポリヌクレオチドからなるB3プライマー
を含むプライマーセット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT