イオン液体を用いた放射性廃棄物からの長寿命核分裂生成物の分離および回収方法

開放特許情報番号
L2018002612
開放特許情報登録日
2018/12/21
最新更新日
2018/12/21

基本情報

出願番号 特願2017-555138
出願日 2016/12/8
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 WO2017/099189
公開日 2017/6/15
発明の名称 イオン液体を用いた放射性廃棄物からの長寿命核分裂生成物の分離および回収方法
技術分野 無機材料
機能 接着・剥離、検査・検出
適用製品 イオン液体を用いた放射性廃棄物からの長寿命核分裂生成物の分離および回収
目的 常温および100〜200℃の中温域で高レベル放射性廃棄物に含まれる長寿命核分裂生成物を液体に溶解させて取り扱うことができ、かつ高い電気化学的安定性と中温域での速い反応速度とを実現できる、放射性廃棄物からの長寿命核分裂生成物の分離および回収方法を提供すること。
効果 処理される放射性廃棄物の取扱いが容易で、かつ高効率にSe、Pd、Zr、およびCs等の半減期が極めて長い長寿命核分裂生成物を放射性廃棄物から分離および回収することが可能となる。その上、分離および回収された長寿命核分裂生成物は、金属または合金の形で安全に貯蔵することができる。
技術概要
放射性廃棄物からの長寿命核分裂生成物の分離および回収方法であって、前記長寿命核分裂生成物はCs、Se、PdおよびZrから選択される少なくとも一つであり、
放射性廃棄物中に含まれるCs、Se、PdおよびZrから選択される少なくとも一つの塩をイオン液体に溶解する工程、および
前記Cs、Se、PdおよびZrから選択される少なくとも一つの塩を含むイオン液体の電解によりCs、Se、PdおよびZrから選択される少なくとも一つを金属または合金として分離および回収する工程
を含む方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT