移植片対宿主病の治療剤又は予防剤、ファイブロサイト浸潤抑制剤、及び涙液減少と杯細胞の減少の抑制剤

開放特許情報番号
L2018002611
開放特許情報登録日
2018/12/21
最新更新日
2018/12/21

基本情報

出願番号 特願2017-018643
出願日 2017/2/3
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2017-178922
公開日 2017/10/5
発明の名称 移植片対宿主病の治療剤又は予防剤、ファイブロサイト浸潤抑制剤、及び涙液減少と杯細胞の減少の抑制剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 移植片対宿主病の治療剤又は予防剤、ファイブロサイト浸潤抑制剤及び涙液減少と杯細胞の減少の抑制剤
目的 重度の移植片対宿主病の患者の治療に用いることができる、新規な移植片対宿主病の治療剤又は予防剤、ファイブロサイト浸潤抑制剤並びに涙液及び杯細胞の減少の抑制剤を提供すること。
効果 重度の移植片対宿主病の患者の治療に用いることができる、新規な移植片対宿主病の治療剤又は予防剤、ファイブロサイト浸潤抑制剤並びに涙液及び杯細胞の減少の抑制剤を提供することができる。
技術概要
移植片対宿主病の治療剤又は予防剤は、HC−HA/PTX3複合体を有効成分として含有する。移植片対宿主病の治療剤又は予防剤の候補物質のスクリーニング方法は、被験物質を、ヒトを除く、移植片対宿主病のモデル動物に投与する工程と、被験物質が投与された上記モデル動物におけるファイブロサイト浸潤の抑制の程度を測定する工程と、測定結果に基づいて、移植片対宿主病の治療剤又は予防剤の候補物質として被験物質を選択する工程と、を有する。ファイブロサイト浸潤抑制剤は、HC−HA/PTX3複合体を有効成分として含有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT