微粉砕焙じ茶葉含有豆乳飲料の製造方法

開放特許情報番号
L2018002608
開放特許情報登録日
2018/12/21
最新更新日
2018/12/21

基本情報

出願番号 特願2014-166684
出願日 2014/8/19
出願人 三井農林株式会社
公開番号 特開2016-042792
公開日 2016/4/4
登録番号 特許第5820033号
特許権者 三井農林株式会社
発明の名称 微粉砕焙じ茶葉含有豆乳飲料の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 容器詰豆乳飲料
目的 本発明の目的は、容器詰豆乳飲料において、加熱殺菌時の劣化臭を抑制する方法、加熱劣化臭が抑制された容器詰豆乳飲料及びその製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、容器詰豆乳飲料の製造における殺菌による加熱劣化臭を抑制できることに加え、大豆に由来する青臭みや後に残るバタツキ感が低減され、コクや厚みが豊かな、焙じ茶と豆乳の風味が調和した新たな風味の豆乳飲料を提供することができる。
技術概要
 
平均粒径が20μm以下である微粉砕焙じ茶葉を0.07〜2.0重量%添加して豆乳飲料を調整することにより、容器詰豆乳製造時の加熱殺菌工程において発生する豆乳由来の加熱劣化臭が抑制されると同時に、大豆に由来する青臭みや後に残るベタツキ感が低減され、焙じ茶と豆乳の風味が調和して一体感に優れた豆乳飲料が得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 三井農林株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT