放射性物質吸着器及び放射性物質濃度測定方法

開放特許情報番号
L2018002604
開放特許情報登録日
2018/12/28
最新更新日
2018/12/28

基本情報

出願番号 特願2016-110522
出願日 2016/6/1
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2017-215266
公開日 2017/12/7
発明の名称 放射性物質吸着器及び放射性物質濃度測定方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出、洗浄・除去
適用製品 放射性物質吸着器及び放射性物質濃度測定方法
目的 通常の測定方法で検出できる検出下限以下の濃度でしかの場合であっても放射性物質の除去を行うことができ、また下限以下の濃度であっても濃度の測定が可能な放射性物質吸着器及び放射性物質濃度測定方法を提供すること。
効果 本発明の放射性物質吸着器は、常法の測定方法で検出できる検出下限以下の濃度でしかの場合であっても放射性物質の除去を行うことができ、また下限以下の濃度であっても濃度の測定が可能なものである。この効果は、特に加工繊維に染色してなる染色加工繊維のみを設置して構成される部分とそれ以外の繊維のみを設置して構成される部分とを別個に且つ隣設して設けた場合に顕著になる。
技術概要
繊維材と、治具とからなる放射性物質吸着器であって、
上記治具は、上記繊維材を保持する繊維材保持部を有し、
上記繊維材は、
加工繊維の表面にフェロシアンの金属塩化合物を導入してなる染色加工繊維と、
フェロシアンの金属塩化合物を有しないフェロシアン化合物非含有繊維、
未加工の繊維にフェロシアンの金属塩化合物を導入してなる染色未加工繊維、
及び
繊維の表面張力の差を用いて吸着する未染色未加工繊維
からなる群より選択される1種以上の他の繊維とを含む
ことを特徴とする放射性物質吸着器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT