中性子線・γ線弁別測定用の熱蛍光体及び中性子線・γ線弁別測定法

開放特許情報番号
L2018002597
開放特許情報登録日
2018/12/28
最新更新日
2018/12/28

基本情報

出願番号 特願2017-148735
出願日 2017/7/31
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2018-024863
公開日 2018/2/15
発明の名称 中性子線・γ線弁別測定用の熱蛍光体及び中性子線・γ線弁別測定法
技術分野 化学・薬品、情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出、加熱・冷却
適用製品 中性子線・γ線弁別測定用の熱蛍光体及び中性子線・γ線弁別測定法
目的 BNCTの線量域に対応し、簡便な装置で低コストに且つ安定して、中性子とガンマ線とを弁別測定できる熱蛍光体、及び中性子線・γ線弁別測定法を提供すること。
効果 本発明に係る熱蛍光体は、BNCTの線量域に対応し、簡便な装置で低コストに且つ安定して、中性子とガンマ線とを弁別測定できるものである。
また、本発明の中性子線・γ線弁別測定法 によれば、簡便且つ低コストに中性子とガンマ線とを弁別測定できる。詳細には、一般的に用いられている高価な中性子捕獲材を用いることなく、極めて安価に中性子検出を 行うことができ、また、二次元の中性子検出も可能である。
技術概要
Al↓2O↓3を主成分とし、添加成分として熱蛍光成分を含有する中性子線・γ線弁別測定用の熱蛍光体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT