樹脂表面の改質方法

開放特許情報番号
L2018002563
開放特許情報登録日
2018/12/20
最新更新日
2018/12/20

基本情報

出願番号 特願2008-076080
出願日 2008/3/24
出願人 地方独立行政法人 岩手県工業技術センター
公開番号 特開2009-227857
公開日 2009/10/8
登録番号 特許第5177395号
特許権者 地方独立行政法人 岩手県工業技術センター
発明の名称 樹脂表面の改質方法
技術分野 有機材料、化学・薬品
機能 表面処理
適用製品 離型膜、フッ素樹脂薄膜、金型
目的 固体表面に直接固着させる樹脂の固体表面に対する固着性の向上を図った樹脂表面の改質方法及び表面改質樹脂を提供することを目的とする。
効果 本発明の樹脂表面の改質方法及び表面改質樹脂によれば、樹脂表面にトリアジンチオール誘導体を結合させたので、この樹脂を例えば固体としての金属表面に固着すると、樹脂が固体表面に直接固着させられるとともに、トリアジンチオール誘導体が、固体表面に化学結合し、そのため、樹脂の固着性を向上させることができる。また、樹脂表面に量子ビームを照射するので、樹脂表面が活性化し、トリアジンチオール誘導体を確実に結合させることができる。
技術概要
 
樹脂表面に、量子ビームを照射し、樹脂表面にトリアジンチオール誘導体を分散させた分散液に浸漬し、この樹脂表面にトリアジンチオール誘導体を結合させる。樹脂表面に量子ビームを照射すると、樹脂表面は活性化し、分散液中で、樹脂表面にはトリアジンチオール誘導体が確実に結合していく。このトリアジンチオール誘導体を形成させた樹脂を、固体基材等の物質、例えば、金属表面に固着すると、樹脂表面のトリアジンチオール誘導体が化学結合し、強固に金属表面に固着させられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 協議による

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT