物質変換方法、バイオリアクタの製造方法、バイオリアクタ

開放特許情報番号
L2018002558
開放特許情報登録日
2018/12/20
最新更新日
2018/12/20

基本情報

出願番号 特願2012-038438
出願日 2012/2/24
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2013-172662
公開日 2013/9/5
登録番号 特許第5787406号
特許権者 学校法人金沢工業大学
発明の名称 物質変換方法、バイオリアクタの製造方法、バイオリアクタ
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、加圧・減圧
適用製品 糸状菌を用いて物質変換を行う技術
目的 糸状菌を生体触媒として、基質を効率良く物質変換する技術を提供すること。
効果 基質を効率良く物質変換することができる。
技術概要
培養槽に、親水性の基質を含む水溶液と、前記水溶液よりも比重の小さい第1の合成高分子微粒子と、前記第1の合成高分子微粒子とは疎水度およびゼータ電位の少なくとも一方が異なる第2の合成高分子微粒子と、糸状菌と、を添加し、前記水溶液から形成される水層の液面に、糸状菌/第1の合成高分子微粒子/第2の合成高分子微粒子を含む複合層を形成するステップと、
前記複合層中の糸状菌を生体触媒として、前記親水性の基質を反応させるステップと、を含み、
前記第2の合成高分子微粒子は、ポリスチレン、ポリアクリレート、またはポリメチルメタクリレートを基体樹脂とし、三級アミノ基を陰イオン交換基として有するアニオン交換樹脂を含み、平均粒径が10μm〜500μm、水の接触角が75°以上、総イオン交換容量が1.0meq/g以上であることを特徴とする物質変換方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT