生体磁気計測装置

開放特許情報番号
L2018002549
開放特許情報登録日
2018/12/19
最新更新日
2018/12/19

基本情報

出願番号 特願2015-113682
出願日 2015/6/4
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2016-221184
公開日 2016/12/28
発明の名称 生体磁気計測装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、加熱・冷却
適用製品 生体磁気計測装置
目的 ヘリウムの再利用と磁気センサの回動とを実現し、かつ磁気シールドルーム内に侵入する外磁場を低減する生体磁気計測装置を提供すること。
効果 ヘリウムの再利用と磁気センサの回動とを実現し、かつ磁気シールドルーム内に侵入する外磁場を低減する生体磁気計測装置を提供することができる。
技術概要
磁気シールドルームと、
前記磁気シールドルームの外部に設置された極低温冷凍機と、
前記磁気シールドルームの内部に設置されたクライオスタットと、
前記磁気シールドルームを貫通し、前記極低温冷凍機と前記クライオスタットとの間でヘリウムの流路を形成するトランスファチューブと、
前記クライオスタットに収容され、前記ヘリウムで冷却される磁気センサとを備え、
前記クライオスタットは、前記トランスファチューブを回転軸として回動自在に構成されている生体磁気計測装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT