クライオスタット

開放特許情報番号
L2018002538
開放特許情報登録日
2018/12/19
最新更新日
2018/12/19

基本情報

出願番号 特願2017-033654
出願日 2017/2/24
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2018-138896
公開日 2018/9/6
発明の名称 クライオスタット
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、加熱・冷却
適用製品 クライオスタット
目的 センサのメンテナンスを容易に行うことが可能なクライオスタットを提供すること。
効果 センサのメンテナンスを容易に行うことが可能となる。
技術概要
筐体と、
前記筐体の少なくとも一部に設けられ、当該筐体内からヘリウムを排出する開口部と、
前記筐体内において前記開口部よりも上方に設けられ、前記筐体外から注入された前記ヘリウムを貯留する貯留部と、
前記筐体内において当該筐体の上面に接するように配置され、前記ヘリウムを用いて冷却される磁気センサとを含み、
前記開口部は、前記磁気センサを冷却した後の前記ヘリウムを排出することを特徴とするクライオスタット。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT