擬似的MIMO通信路の形成およびMIMO伝送方式

開放特許情報番号
L2018002534
開放特許情報登録日
2018/12/17
最新更新日
2018/12/17

基本情報

出願番号 特願2016-173332
出願日 2016/9/6
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2018-042046
公開日 2018/3/15
発明の名称 擬似的MIMO通信路の形成およびMIMO伝送方式
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 MIMO伝送方式およびMIMO通信路の形成
目的 従来のSISO形式では限界があった通信速度を、多重化数を増やしたシステムであるMIMOシステムを適用することで通信速度の限界を向上させることにより、所望の擬似的MIMO通信路の形成およびMIMO伝送方式を提供すること。
効果 既設のTV同軸ケーブル網をそのまま使用し、品質を低下させることなく、また通信速度を2倍以上に向上させることができる。
通信を利用する全ての場所に、TV同軸ケーブルが配線されているホテル等の宿泊施設やアパート等大量の部屋を有する建物へのインターネット導入の際に、安価でかつ高速な通信システムを導入可能である。
技術概要
インターネット情報を受信した通信装置と既設のTV同軸ケーブル網までの間に擬似的MIMO通信路を形成することを特徴とするMIMO伝送方式。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT