光受信機

開放特許情報番号
L2018002503
開放特許情報登録日
2018/12/14
最新更新日
2018/12/14

基本情報

出願番号 特願2012-270729
出願日 2012/12/11
出願人 日本放送協会、ホーチキ株式会社
公開番号 特開2014-116858
公開日 2014/6/26
登録番号 特許第6034686号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 光受信機
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光受信機
目的 光電変換部に高いレベルの光信号が入力された場合でも非線形歪みの発生を防止して所望の出力レベルの信号が出力可能となる、光受信機を提供すること。
効果 電気信号合成手段に入力される複数の電気信号の位相のずれを抑えることができ、電気信号合成手段にて合成される電気信号のレベルを所定レベルに維持することができる。よって、この電気信号に含まれるTV信号をテレビ受像機に歪みの影響を抑えて伝えることが可能となる。
技術概要
光信号を受信して電気信号に変換するCATV用の光受信機であって、光信号を複数の光信号に分岐し、当該分岐した複数の光信号を複数の光伝送路を介して出力する光信号分岐手段と、光信号分岐手段と複数の光伝送路を介して接続された複数の光電変換手段であって、光信号分岐手段にて分岐された光信号を電気信号に変換する複数の光電変換手段と、複数の光電変換手段の各々と複数の伝送線路を介して接続された電気信号合成手段であって、複数の光電変換手段にて変換された複数の電気信号を合成する電気信号合成手段と、電気信号合成手段にて複数の電気信号が合成される際に、当該複数の電気信号の位相が同調するように、複数の光信号の少なくとも一部の位相、又は当該複数の電気信号の少なくとも一部の位相を調整するための位相調整手段とを備え、信号光としての光信号のみを前記光信号分岐手段に入力させて偏光することなく複数の光信号に分岐し、当該分岐した複数の光信号を偏光することなく複数の光電変換手段に入力させて複数の電気信号に変換し、当該変換した複数の電気信号を電気信号合成手段にて合成して出力する光受信機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT