1,1’−ビナフチル誘導体の製造方法および1,1’−ビナフチル誘導体

開放特許情報番号
L2018002496
開放特許情報登録日
2018/12/12
最新更新日
2019/1/25

基本情報

出願番号 特願2018-501114
出願日 2017/2/3
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2017/145716
公開日 2017/8/31
発明の名称 1,1’−ビナフチル誘導体の製造方法および1,1’−ビナフチル誘導体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 1,1’−ビナフチル誘導体の製造方法
目的 ビナフチル骨格の8位および/または8’位に置換基が導入された1,1’−ビナフチル誘導体の製造方法の提供。
効果 ビナフチル骨格の8位および/または8’位に置換基が導入された1,1’−ビナフチル誘導体の製造方法が達成される。また、ビナフチル骨格の8位および/または8’位に置換基が導入された新規な1,1’−ビナフチル誘導体が得られる。
技術概要
1,1’−ビナフチル骨格の2位および2’位に、前記骨格に直接結合した酸素原子を含む電子供与性基をそれぞれ有する1,1’−ビナフチル前駆誘導体と、
有機酸と、
ヨウ素化剤または臭素化剤と、を混合して、
前記骨格の8位および/または8’位に置換基が導入された1,1’−ビナフチル誘導体を得る、1,1’−ビナフチル誘導体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2019 INPIT