計算コード生成装置、方法及びプログラム

開放特許情報番号
L2018002464
開放特許情報登録日
2018/12/10
最新更新日
2018/12/10

基本情報

出願番号 特願2015-247693
出願日 2015/12/18
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2017-111749
公開日 2017/6/22
発明の名称 計算コード生成装置、方法及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 計算コード生成装置、方法及びプログラム
目的 数値計算プログラムの生産性を向上することができる計算コード生成装置、方法及びプログラムを提供すること。
効果 本発明に係る計算コード生成装置によると、形式記述情報に記述された漸化式に基づき、種々の反復型数値計算法を実行する計算コードが生成可能であり、数値計算プログラムの生産性を向上することができる。
本発明は、数値計算を利用するあらゆる産業分野に適用可能であり、例えば、CAE,CADソフトウェアへの組み込みや、数式処理ソフトウェア、数値解析ソフトウェアにおける利用が可能である。
技術概要
計算対象の数学的問題に対する数値計算が実行される計算コードを自動生成する計算コード生成装置であって、
数値計算法を数式で宣言的に記述する形式記述情報を格納する記憶部と、
前記記憶部に格納された形式記述情報に基づく演算処理を行う制御部とを備え、
前記制御部は、
前記形式記述情報に基づいて、前記形式記述情報における数式及び前記数式が含む変数の関係を解析して、
解析結果に基づいて、所定のプログラミング言語により前記数値計算を実行する計算コードを生成し、
前記形式記述情報は、反復型数値計算法を漸化式で規定する情報を含む
計算コード生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT