高密度リポタンパク質およびその細胞親和性ペプチドを融合した高密度リポタンパク質の点眼による後眼部薬物デリバリー

開放特許情報番号
L2018002460
開放特許情報登録日
2018/12/10
最新更新日
2018/12/10

基本情報

出願番号 特願2016-566501
出願日 2015/12/25
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2016/104690
公開日 2016/6/30
発明の名称 高密度リポタンパク質およびその細胞親和性ペプチドを融合した高密度リポタンパク質の点眼による後眼部薬物デリバリー
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 高密度リポタンパク質およびその細胞親和性ペプチドの複合体の点眼による後眼部薬物デリバリー
目的 内包する化合物(例えば、薬物)を後眼部へ到達させることができ、また細胞毒性を有しない、細胞親和性ペプチドを結合(例えば、融合)した高密度リポタンパク質(cHDL)およびその製造方法を提供。また、細胞親和性ペプチド結合高密度リポタンパク質を用いた後眼部への薬物デリバリーシステム、該高密度リポタンパク質および薬物を含有する後眼部疾患の診断、予防または治療のための医薬組成物、並びに該薬物デリバリーシステムまたは該医薬組成物を用いる、後眼部疾患の診断、予防または治療のための方法を提供。
効果 本発明の細胞親和性ペプチドを含む高密度リポタンパク質(cHDL)は、内包する化合物(薬物)を後眼部へ到達させることができ、結果としてその化合物の網膜細胞組織中での高い集積性を示す。また、細胞毒性を有しない。よって、本発明の細胞親和性ペプチドを結合(例えば、融合)した高密度リポタンパク質は、点眼による後眼部への薬物デリバリー用のキャリアとして有用である。
技術概要
後眼部薬物デリバリー用キャリアとしての高密度リポタンパク質。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT