光電池の評価方法、光電池の評価装置、プログラム、および光電池の製造方法

開放特許情報番号
L2018002452
開放特許情報登録日
2018/12/7
最新更新日
2018/12/7

基本情報

出願番号 特願2014-147216
出願日 2014/7/17
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2015-228784
公開日 2015/12/17
登録番号 特許第6411801号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 光電池の評価方法、光電池の評価装置、プログラム、および光電池の製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光電池の評価方法、光電池の評価装置、プログラム、および光電池の製造方法
目的 光電池の新規な評価手法に関する技術を提供すること。
効果 エレクトロルミネッセンスの絶対強度に対応し、発光ダイオード動作時の注入電流密度の関数として得られた、第1のサブセルから光電池外部への光放出に対応する輻射再結合損失レートに基づいて、光電池動作時の取出電流密度の関数として、第1のサブセルから光電池外部への光放出に対応する輻射再結合損失レートが求められることにより、光電池の様々な特性を評価することが可能となる。
技術概要
(a)第1のサブセルを有する光電池の発光ダイオード動作時におけるエレクトロルミネッセンスの絶対強度に対応し、発光ダイオード動作時の注入電流密度の関数として得られた、前記第1のサブセルから前記光電池の外部への光放出に対応する輻射再結合損失レートを準備する工程と、
(b)前記第1のサブセルについて、ネットのキャリア発生レートとネットのキャリア損失レートとのバランスに基づき、発光ダイオード動作時の注入電流密度と光電池動作時の取出電流密度との関係を求め、前記工程(a)において発光ダイオード動作時の注入電流密度の関数として得られた輻射再結合損失レートから、光電池動作時の取出電流密度の関数として、前記第1のサブセルから前記光電池の外部への光放出に対応する輻射再結合損失レートを得る工程と
を有する光電池の評価方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT