蛋白質の標識化合物

開放特許情報番号
L2018002450
開放特許情報登録日
2018/12/7
最新更新日
2018/12/7

基本情報

出願番号 特願2016-504177
出願日 2015/2/19
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2015/125892
公開日 2015/8/27
発明の名称 蛋白質の標識化合物
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 蛋白質標識化合物
目的 一般性(汎用性)の高いリガンド指向型標識技術を提供すること。
効果 本発明の化合物は、蛋白質の標識に広く用いることができる。
本発明の化合物により標識された蛋白質は、標識が蛋白質のリガンド結合部位の近傍に存在するため、FRET、BRETなどのエネルギー移動の検出により、蛋白質に対するリガンド候補物質をスクリーニングすることができる。
技術概要
一般式(I)
【化1】

(式中、Zは
【化2】
を示す。
Y↑1はN又はCR↑1を示し、Y↑2はN又はCR↑2を示し、Y↑3はN又はCR↑3を示し、Y↑4はN又はCR↑4を示し、これら式中のR↑1〜R↑4のいずれか1つは下記式
−(L↑1)↓n1−Lg
(式中、L1は2価の連結基を示し、n1は0又は1を示し、Lgは蛋白質に対するリガンドを示す)
で表す基を示し、R↑1〜R↑4の他の3つの基は水素原子又は置換基を示し、R↑5〜R↑9のいずれか1つは下記式
−(L↑2)↓n2−pr
(式中、L2は2価の連結基を示し、n2は0又は1を示し、prはプローブを示す)
で表す基を示し、R↑5〜R↑9の他の4つの基は水素原子又は置換基を示す。)
で表される化合物又はその塩。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT