液晶分子配向制御方法および液晶デバイス

開放特許情報番号
L2018002443
開放特許情報登録日
2018/12/5
最新更新日
2018/12/5

基本情報

出願番号 特願2016-162033
出願日 2016/8/22
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2018-031818
公開日 2018/3/1
発明の名称 液晶分子配向制御方法および液晶デバイス
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 液晶分子配向制御方法および液晶デバイス
目的 透明電極を用いることなく液晶分子の配向を変化させることが可能な液晶分子配向制御方法および液晶デバイスを提供する。
効果 透明電極を用いることなく液晶分子の配向を変化させることが可能な液晶分子配向制御方法および液晶デバイスを提供することができる。
技術概要
一対の基板および一対の配向膜で液晶材料を挟み込んだ構成の液晶セルにおいて、前記液晶材料を構成する液晶分子の配向を制御する液晶分子配向制御方法であって、
前記基板に超音波振動子を配置する第1ステップと、
前記超音波振動子に前記液晶セルの共振周波数を有する電気信号を印加し、前記液晶セルに格子状のたわみ振動を発生させて、前記液晶材料に2次元的分布の静圧を発生させる第2ステップと、を含む
ことを特徴とする液晶分子配向制御方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT