がんの予防または治療用医薬組成物

開放特許情報番号
L2018002428
開放特許情報登録日
2018/12/6
最新更新日
2018/12/6

基本情報

出願番号 特願2015-503022
出願日 2014/2/27
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2014/133085
公開日 2014/9/4
登録番号 特許第6391561号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 がんの予防または治療用医薬組成物
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 がんの予防または治療用医薬組成物
目的 正常細胞のDNA複製を阻害することなくin vitroにおいてATL細胞に対して抗がん活性を発現する核酸系逆転写酵素阻害薬を見出し、当該核酸系逆転写酵素阻害薬を有効成分とし、正常細胞に対する副作用が軽減された新規ながんの予防または治療用医薬組成物を提供すること。
効果 正常細胞のDNA複製を阻害せずに抗がん活性を発現するがんの予防または治療用医薬組成物、すなわち、正常細胞に対する副作用が軽減された新規ながんの予防または治療用医薬組成物を提供することができる。
技術概要
アバカビルまたはその製薬上許容される塩もしくは溶媒和物を有効成分として含有する、成人T細胞白血病または肺がんの予防または治療用医薬組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT