T細胞の分化誘導方法、T細胞の製造方法、T細胞、医薬組成物、及び、スクリーニング方法

開放特許情報番号
L2018002426
開放特許情報登録日
2018/12/5
最新更新日
2018/12/5

基本情報

出願番号 特願2014-512405
出願日 2013/3/12
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2013/161408
公開日 2013/10/31
登録番号 特許第5900865号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 T細胞の分化誘導方法、T細胞の製造方法、T細胞、医薬組成物、及び、スクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 T細胞の分化誘導方法、T細胞の製造方法、T細胞、医薬組成物、及び、スクリーニング方法
目的 CD4-CD8αα+ T細胞を分化誘導する方法を提供する。
効果 本開示にかかる医薬組成物は、様々な形態であることができる。本開示にかかる医薬組成物は、一又は複数の実施形態において、固体、半固体、又は、液体の投薬形態が挙げられ、例えば、凍結乾燥製剤、液体溶液、懸濁液、注射用液、又は、輸液用液などが挙げられる。好ましい形態は、目的とする投与用式及び治療用途によって変化しうる。医薬組成物の対象への投与方法は、通常の手段によって行うことができる。一又は複数の実施形態において、所望な組織に、移植片として、又は、直接輸送することで、患者に投与されうる。
技術概要
CD4+CD8- T細胞をIL-2、TGF-β1、及びatRAが存在する条件下でin vitro培養することを含む、CD4+CD8- T細胞からCD4-CD8αα+ T細胞を分化誘導する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT