ペピーノ台木接ぎ木トマト、ペピーノ台木接ぎ木トマトの作成方法及びトマトの土壌病害防除方法

開放特許情報番号
L2018002398
開放特許情報登録日
2018/11/21
最新更新日
2018/11/21

基本情報

出願番号 特願2016-225592
出願日 2016/11/21
出願人 学校法人東京農業大学
公開番号 特開2017-169555
公開日 2017/9/28
登録番号 特許第6273425号
特許権者 学校法人東京農業大学
発明の名称 ペピーノ台木接ぎ木トマト、ペピーノ台木接ぎ木トマトの作成方法及びトマトの土壌病害防除方法
技術分野 食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 ナス科植物の土壌病害防除用台木及び該ナス科植物の土壌病害防除用台木を用いた土壌病害の防除方法
目的 ナス科植物の土壌病害を防除しうる新たな台木を提供するとともに、該台木を利用した土壌病害の防除技術を提供すること。
効果 土壌病害に対して抵抗性の高いペピーノが、ナス科植物を穂木とした場合に高い土壌病害耐性を発揮するため、農薬を用いることなく、効果的に土壌病害を防除することができる。
技術概要
台木がペピーノ(Solanum muricatum)であり、
穂木がトマトであることを特徴とする、
ペピーノ台木接ぎ木トマト。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT