脳情報解析装置及び脳情報模倣演算装置

開放特許情報番号
L2018002385
開放特許情報登録日
2018/11/13
最新更新日
2018/11/13

基本情報

出願番号 特願2017-030394
出願日 2017/2/21
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 特開2018-134211
公開日 2018/8/30
発明の名称 脳情報解析装置及び脳情報模倣演算装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 脳情報解析装置及び脳情報模倣演算装置
目的 脳解析情報を扱い易い値に変換した上で、脳の健康によいこと、あるいはよくないことを客観的かつ統計的に推定し、被験者に脳の健康の指標として使用することを可能とする、脳情報解析装置及び脳情報模倣演算装置を提供すること。
効果 脳解析情報を扱い易い値に変換した上で、脳の健康によいこと、あるいはよくないことを客観的かつ統計的に推定し、被験者に脳の健康の指標として使用することが可能になる。
技術概要
脳情報模倣演算装置は、この脳変化模倣特徴量を用いることで、健康の指標となるGM−BHQ及びFA−BHQの差分を推定する他、任意の人に対して何をすればBHQがよくなるのか、すなわち脳の健康が向上するのかを客観的且つ明確に推定することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT