浮体と船の相対位置制御方法及び同システム

開放特許情報番号
L2018002366
開放特許情報登録日
2018/11/8
最新更新日
2018/11/8

基本情報

出願番号 特願2008-073432
出願日 2008/3/21
出願人 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
公開番号 特開2009-227035
公開日 2009/10/8
登録番号 特許第5168633号
特許権者 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 浮体と船の相対位置制御方法及び同システム
技術分野 機械・加工、輸送
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造、その他
適用製品 船舶
目的 MPAOのような円柱形状の浮体は、潮流環境下で渦励振運動が発生する。本発明は、MPSOからシャトルタンカーへの石油出荷時を想定した、MPSOの運動及び環境外力の遮蔽影響を考慮した最適なシャトルタンカーの位置保持を行うためのアイディアである。
効果 洋上プラットフォームの運動に応じてシャトルタンカーを安全領域の中で稼動できるように制御すること等が可能な浮体と船の相対位置制御方法及び同システムを提供すること。
技術概要
 
船体周りの環境状況を検出するセンサからの情報と、環境状況により船体に働く環境外力のデータベース情報に基づいて船体に働く外力を評価し、外力が最少になるように船首方位を最適化し、この最適化した結果に基づいて少なくとも目標とする浮体に対する船首方位を制御することを特徴とする浮体と船の相対位置制御方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT