天然ウォラストナイトセラミックス多孔体の製造方法

開放特許情報番号
L2018002361
開放特許情報登録日
2018/11/2
最新更新日
2018/11/2

基本情報

出願番号 特願2014-168088
出願日 2014/8/21
出願人 地方独立行政法人山口県産業技術センター
公開番号 特開2016-044084
公開日 2016/4/4
登録番号 特許第6347513号
特許権者 地方独立行政法人山口県産業技術センター
発明の名称 天然ウォラストナイトセラミックス多孔体の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却
適用製品 セラミックス多孔体の製造方法
目的 従来のセラミックス多孔体と同様にセラミックスフィルターや触媒担体などへの展開が期待され、原料を安価で大量に入手できることからセラミックス多孔体の用途拡大にも繋がる。
効果 本発明は、自然界で多量に存在する天然ウォラストナイト鉱石を粉砕・分級したウォラストナイト粉体にバインダーとしての水ガラスを添加・混合して成形した後、その成形体を700〜1,100℃で焼成して、嵩密度0.96〜1.66cm3、気孔率40.5〜66.9%、吸水率24.4〜69.5%の多孔性の焼結体である天然ウォラストナイトセラミックス多孔体を製造する方法であって、
天然ウォラストナイトが有する低熱膨張性の特徴を失うことなくセラミックス多孔体を製造することができる。
技術概要
天然ウォラストナイト粉体にバインダーとしての水ガラスを添加混合して成形した後、その成形体を700〜1,100℃で焼成して、嵩密度0.96〜1.66cm↑3、気孔率40.5〜66.9%、吸水率24.4〜69.5%の多孔性の焼結体を製造することを特徴とする天然ウォラストナイトセラミックス多孔体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT