座席動作制御装置

開放特許情報番号
L2018002313
開放特許情報登録日
2018/11/7
最新更新日
2018/11/7

基本情報

出願番号 特願2007-339459
出願日 2007/12/28
出願人 株式会社フジクラ
公開番号 特開2009-162509
公開日 2009/7/23
登録番号 特許第5128270号
特許権者 株式会社フジクラ
発明の名称 座席動作制御装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 座席動作制御装置および座席動作制御方法
目的 折り畳み可動式座席の折り畳み動作を制御して、折り畳んだ座席が人体に衝突するような不具合を効果的に防止することができる座席動作制御装置および座席動作制御方法を提供すること。
効果 折り畳み方向側に形成された検知領域の範囲内の検知対象物の有無によって、折り畳み可動式座席の折り畳み動作を制御することができ、折り畳んだ座席が人体に衝突するような不具合を効果的に防止することができる。
技術概要
着座部及び背もたれ部を有し、背もたれ部が着座部側に倒れ込み、更に倒れ込んだ背もたれ部と共に着座部が折り畳まるよう折り畳み可変自在に形成された折り畳み可動式座席における折り畳み方向側に形成された検知領域の範囲に存する検知対象物を検知可能に配置された少なくとも一つのセンサ電極と、
センサ電極からの静電容量を検知する検知回路と、
検知回路からの検知信号に基づいて、検知領域の範囲内の検知対象物の有無を判定する判定回路と、
折り畳み可動式座席の折り畳み動作指示を受け付ける入力手段と、
判定回路からの判定結果および入力手段によって受け付けられた折り畳み動作指示に応じて、折り畳み可動式座席の折り畳み動作を制御する制御手段とを備え、
判定回路は、検知信号が示す静電容量値があらかじめ設定されたしきい値以上となった場合に、検知領域の範囲内に検知対象物があると判定し、
制御手段は、判定回路によって検知領域の範囲内に検知対象物があると判定された場合は、入力手段によって折り畳み可動式座席の折り畳み動作指示が受け付けられても折り畳み可動式座席を折り畳み動作させない
ことを特徴とする座席動作制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社フジクラ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT