車両用照明装置

開放特許情報番号
L2018002305
開放特許情報登録日
2018/11/7
最新更新日
2018/11/7

基本情報

出願番号 特願2005-302496
出願日 2005/10/18
出願人 株式会社フジクラ
公開番号 特開2007-112170
公開日 2007/5/10
登録番号 特許第4634906号
特許権者 株式会社フジクラ
発明の名称 車両用照明装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 車両用照明装置
目的 操作者は、スイッチ部を目視して位置を確認する必要がなく、誤操作が少なく省電力である車両用照明装置を提供すること。
効果 ドライバ等の操作者は、静電容量式センサに手等を近接させるだけでよくスイッチ位置を正確に確認する必要がないため、暗い車両内であっても手をかざすだけで容易に該車両用照明の点灯のON/OFF操作を行ったり、照光強度を調整することができる。また、光センサと比較して、待機時の消費電力を削減することができる。
技術概要
検知電極と、
前記検知電極と接地との間の静電容量に応じた値を検出して前記静電容量に応じた検出値を出力する静電容量検出回路と、
前記検出値を入力し予め設定したn個(nは自然数)のしきい値と比較して、その大小関係に応じた制御値を出力する制御回路と、
前記制御値によって調光制御される光源と、
を備え、
前記制御回路は、前記光源が消灯しているとき、検出値が第1のしきい値に達すると、前記検出値の増加に従い前記光源に供給する電流量を増加させて前記光源の照度を増加させ、前記検出値が前記第1のしきい値よりも大きい第2のしきい値に達すると、前記電流量を最大に維持する一方、前記検出値が前記第2のしきい値に達する前に減少したとき、前記光源の照度を前記検出値が減少する前の照度に維持することを特徴とする車両用照明装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社フジクラ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT