人体接近検出装置

開放特許情報番号
L2018002302
開放特許情報登録日
2018/11/7
最新更新日
2018/11/7

基本情報

出願番号 特願2007-047148
出願日 2007/2/27
出願人 株式会社フジクラ
公開番号 特開2008-083025
公開日 2008/4/10
登録番号 特許第5183078号
特許権者 株式会社フジクラ
発明の名称 人体接近検出装置
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 機械・部品の製造、検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 人体接近検出装置
目的 ドアの形状が変化した場合、水滴が付着した場合又は送信用アンテナから電波が発信した場合であっても、誤動作が生じるのを防止できるとともに、安価で複雑な前処理が不要な人体接近検出装置を提供すること。
効果 ドアの形状が変化した場合や水滴が付着した場合であっても、誤動作が生じるのを防止できるとともに、安価で複雑な前処理が不要な人体接近検出装置を提供することができる。
技術概要
車両用ドアハンドルのハウジングの内部のドア側壁面近傍に設けられ、人体が接近することにより静電容量が変化するセンサ電極と、
前記ハウジングの内部に設けられ前記センサ電極の外部環境変化による静電容量変化を抑制する補助電極とを備え、
前記補助電極は、車両用ドアハンドルを介したセンサ電極とドアの間に、センサ電極と同等の電位を与える第1シールド電極を含む
ことを特徴とする人体接近検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社フジクラ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT