勤怠管理プログラム、勤怠管理方法および勤怠管理装置

開放特許情報番号
L2018002290
開放特許情報登録日
2018/11/1
最新更新日
2018/11/1

基本情報

出願番号 特願2011-039691
出願日 2011/2/25
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2012-177993
公開日 2012/9/13
登録番号 特許第5547674号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 勤怠管理プログラム、勤怠管理方法および勤怠管理装置
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 勤怠管理プログラム、勤怠管理方法および勤怠管理装置
目的 打刻忘却の防止を図る勤怠管理プログラム、勤怠管理方法および勤怠管理装置を提供すること。
効果 打刻忘却の防止を図れる。
技術概要
識別情報が記録された無線タグを検出する無線タグ検出手段、
前記識別情報が記録されたタイムカードを用いた時刻の入力を受け付けるタイムカード検出手段、
前記無線タグ検出手段が前記無線タグを検出したタイミングの前後の所定時間内に、前記タイムカード検出手段が前記タイムカードによる時刻の入力を受け付けない場合、前記識別情報に対応付けて連絡先を記憶した記憶手段を参照して、前記識別情報に対応する前記連絡先に前記タイムカードによる時刻の入力を促すメッセージを通知する通知手段、
として機能させることを特徴とする勤怠管理プログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT