非線形変換回路

開放特許情報番号
L2018002282
開放特許情報登録日
2018/10/25
最新更新日
2018/10/25

基本情報

出願番号 特願2005-127094
出願日 2005/4/25
出願人 日本無線株式会社
公開番号 特開2006-304229
公開日 2006/11/2
登録番号 特許第4430576号
特許権者 日本無線株式会社
発明の名称 非線形変換回路
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、材料・素材の製造
適用製品 非線形変換回路
目的 非線形増幅回路の出力信号に発生する帯域外雑音を抑圧するよう非線形増幅回路への入力信号を処理した処理済信号を出力する非線形変換回路を実現すること。
効果 非線形増幅回路の出力信号に発生する帯域外雑音を抑圧するよう非線形増幅回路への入力信号を処理した処理済信号を出力する非線形変換回路を実現することができる。
技術概要
非線形増幅回路の出力信号の希望信号帯域外に発生する帯域外雑音を抑圧するよう非線形増幅回路への入力信号を処理した処理済信号を出力する非線形変換回路であって、
入力信号の振幅の瞬時値を検出する振幅検出回路と、
前記非線形増幅回路における、入力信号に対する出力信号の利得が圧縮される利得圧縮特性を、入力信号に対する利得圧縮の入出力特性として記憶し、
検出された入力信号の振幅の瞬時値に対する非線形増幅回路の入出力特性における利得圧縮が大きいほど、入力信号を大きく減衰させ、これにより生成された処理済信号を出力する振幅調整回路と、
を備えることを特徴とする非線形変換回路。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日本無線株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT