フレキシブルデバイス

開放特許情報番号
L2018002272
開放特許情報登録日
2018/10/23
最新更新日
2018/10/23

基本情報

出願番号 特願2016-253791
出願日 2016/12/27
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2018-105775
公開日 2018/7/5
発明の名称 フレキシブルデバイス
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 フレキシブルデバイス
目的 下に空間を必要とするセンサを低い製造コストで設けることができるフレキシブルデバイスを提供する。
効果 フレキシブル基板が非伸縮性材料の基板であっても、伸縮構造部を伸縮させることができる。
センサ部の下に空間を形成することができ、センサ部に加速度センサや触覚センサなどを設けることができる。
センサ部と、接続端子などとを接続する配線が複雑になることを抑制することができ、フレキシブルデバイスの製造コストを低減することができる。
技術概要
フレキシブル基板と、前記基板上又は前記基板に設けられたセンサ部と、前記センサ部の周りの前記基板に設けられた伸縮構造部と、前記センサ部と前記伸縮構造部との間の前記基板の下に設けられたスペーサとを備え、
前記伸縮構造部及び前記スペーサは、前記センサ部の周りの前記基板が前記スペーサにより持ち上げられることにより前記伸縮構造部が伸びるように設けられ、
前記伸縮構造部は、前記基板に切れ目を入れることにより形成された構造であることを特徴とするフレキシブルデバイス。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT