無線信号送受信装置、無線信号送信方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2018002270
開放特許情報登録日
2018/10/22
最新更新日
2018/10/22

基本情報

出願番号 特願2016-256887
出願日 2016/12/28
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2018-110311
公開日 2018/7/12
発明の名称 無線信号送受信装置、無線信号送信方法、およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 無線信号送受信装置、無線信号送受信方法、およびプログラム
目的 ビームフォーミングするための通信相手との間の伝搬路に関する情報を低コストで取得することができる無線信号送受信装置、無線信号送受信方法、およびプログラムを提供する。
効果 ビームフォーミングするための通信相手との間の伝搬路に関する情報を低コストで取得することができる。
技術概要
複数のアンテナ素子を用いて無線信号を送受信する無線信号送受信装置であって、
前記複数のアンテナ素子のうち、連続するL個のアンテナ素子の伝搬路推定値を算出する伝搬路推定部と、
前記連続するL個のアンテナ素子の伝搬路推定値をLよりも多いM個のビーム成分に変換し、前記M個のビーム成分から主成分を抽出するビーム成分算出部と
を備える、無線信号送受信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT