有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法

開放特許情報番号
L2018002255
開放特許情報登録日
2018/10/18
最新更新日
2018/10/18

基本情報

出願番号 特願2016-547479
出願日 2015/9/9
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 WO2016/039385
公開日 2016/3/17
発明の名称 有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造、加圧・減圧、加熱・冷却
適用製品 有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法
目的 有機ハイドライドの脱水素反応の触媒として用いられたときに、高い活性を長時間維持できる脱水素触媒を提供すること。
効果 本発明に係る脱水素触媒は、有機ハイドライドの脱水素反応において、高い触媒活性を有するとともに、長時間、高い活性を維持することができる。脱水素触媒は、有機ハイドライドの中でもメチルシクロヘキサンの脱水素反応に関して、特に優れた効果を発現し得る。また、低温でも比較的高い触媒活性を維持することができる。
技術概要
アナターゼ型酸化チタンを含む担体と、該担体に担持された白金を含む触媒金属と、を含む、有機ハイドライド用脱水素触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT