周波数測定器、周波数測定方法及び周波数測定プログラム

開放特許情報番号
L2018002242
開放特許情報登録日
2018/10/17
最新更新日
2018/10/17

基本情報

出願番号 特願2016-035780
出願日 2016/2/26
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2017-148401
公開日 2017/8/31
発明の名称 周波数測定器、周波数測定方法及び周波数測定プログラム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 周波数測定器、周波数測定方法及び周波数測定プログラム
目的 被測定対象に同時に発生し、振幅の異なる複数の機械的振動であっても、単一距離データとして1台の距離データ測定装置で測定し、単一距離データから複数の機械的振動を分離してそれぞれの周波数をリアルタイムで測定できる周波数測定器、この周波数測定器を用いた周波数測定方法及びこの周波数測定方法をコンピュータに実行させる周波数測定プログラムを提供すること。
効果 被測定対象に同時に発生し、振幅の異なる複数の機械的振動であっても、単一距離データとして1台の距離データ測定装置で測定し、単一距離データから複数の機械的振動を分離してそれぞれの周波数をリアルタイムで測定できる周波数測定器、この周波数測定器を用いた周波数測定方法及びこの周波数測定方法をコンピュータに実行させる周波数測定プログラムを提供できる。高齢化社会における寝たきり老人の心拍・呼吸状態を非接触バイタルモニタリング法によって監視する医療機器の技術分野や、複雑な振動のリアルタイム測定の技術分野に利用可能である。
技術概要
同一位置で振動している周波数の異なる複数の機械的振動を、単一距離データとして測定する距離データ測定装置と、
前記単一距離データを、前記複数の機械的振動と同数の複数の疑似信号流データに分離する複数信号流生成手段と、
前記複数の疑似信号流データをそれぞれフーリエ変換するフーリエ変換装置と、
前記フーリエ変換によって得られた各周波数成分について独立成分分析をして、前記複数の機械的振動のそれぞれの周波数を取得する独立成分分析手段と、
を備えることを特徴とする周波数測定器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT