同位体測定装置及び同位体測定方法

開放特許情報番号
L2018002236
開放特許情報登録日
2018/10/17
最新更新日
2018/10/17

基本情報

出願番号 特願2016-148585
出願日 2016/7/28
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2018-018707
公開日 2018/2/1
発明の名称 同位体測定装置及び同位体測定方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 同位体測定装置
目的 複数の同位体を含む被測定物の測定において、複数種の同位体を並列的に測定し得る同位体測定装置と同位体測定方法とを提供すること。
効果 複数の同位体を含む被測定物の測定において、複数種の同位体を並列的に測定し得る同位体測定装置と同位体測定方法とが提供される。
技術概要
被測定物に含まれる第1の同位体及び第2の同位体に関する測定を行う同位体測定装置であって、
被測定物を加熱することにより被測定物から第1の同位体及び第2の同位体を昇温脱離させる脱離部と、脱離部に接続され、被測定物から脱離された第1の同位体及び第2の同位体を輸送するためのガスを脱離部に供給するガス供給部と、減圧環境下において、第1の同位体に関する測定を行う第1の測定部と、大気圧環境下において、第2の同位体に関する測定を行う第2の測定部と、脱離部、第1の測定部及び第2の測定部のそれぞれに接続されて、脱離部から排出されたガスを第1の測定部及び第2の測定部にそれぞれ分配するガス分配部と、を備え、
ガス分配部は、
脱離部に接続される接続端部と、第1の測定部にガスを提供する第1のガス提供端部と、を含む第1のガス管と、第1のガス管を収容すると共に、第1のガス提供端部と連通する連通端部と、第2の測定部にガスを提供する第2のガス提供部と、を含む第2のガス管と、
第2のガス管の連通端部に取り付けられた弁部と、を有し、弁部は、第1のガス提供端部の近傍に配置され、第1のガス提供端部から第1の測定部へ提供されるガスの流れを制御する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT