人工誘電体及び人工誘電体共振器

開放特許情報番号
L2018002229
開放特許情報登録日
2018/10/16
最新更新日
2018/10/16

基本情報

出願番号 特願2017-029511
出願日 2017/2/20
出願人 学校法人 龍谷大学
公開番号 特開2018-137557
公開日 2018/8/30
発明の名称 人工誘電体及び人工誘電体共振器
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造、免振・制振
適用製品 人工誘電体及び人工誘電体共振器
目的 高い誘電率であり、かつ、損失の低減が可能な構造の人工誘電体及び人工誘電体共振器を提供すること。
効果 高い誘電率であり、かつ、損失の低減が可能な構造とすることが可能になる。
技術概要
平面上に形成された細長い線路導体と、
該線路導体の少なくとも一方の端部において厚さ方向に配置された容量電極導体と、
前記線路導体と前記容量電極導体とを接続する接続導体と、
を有する単位セルを複数個含むことを特徴とする人工誘電体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人龍谷大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT