受信装置、およびプログラム

開放特許情報番号
L2018002179
開放特許情報登録日
2018/10/15
最新更新日
2018/10/15

基本情報

出願番号 特願2014-110504
出願日 2014/5/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-226221
公開日 2015/12/14
登録番号 特許第6351162号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 受信装置、およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 受信装置、およびプログラム
目的 放送する映像コンテンツが受信装置において解像度変換されることを許可するか否かを、当該映像コンテンツの放送局側で制御可能とすること。
効果 放送する映像コンテンツが受信装置において解像度変換されることを許可するか否かを、当該映像コンテンツの放送局側で制御可能とすることができる。
技術概要
MMT(MPEG Media Transport)を用いた放送波により送信される4K映像または8K映像の映像コンテンツを2K映像の解像度に下げるために解像度変換することを許可するか否かを示す変換可否情報が記載された記述子が多重された前記放送波を分離する多重分離部と、
前記多重分離部により分離された前記記述子に記載されている前記変換可否情報を抽出する抽出部と、
を備えることを特徴とする受信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT