二酸化炭素施用システム、二酸化炭素制御装置、二酸化炭素施用方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2018002165
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2018-089166
出願日 2018/5/7
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2018-134104
公開日 2018/8/30
発明の名称 二酸化炭素施用システム、二酸化炭素制御装置、二酸化炭素施用方法およびプログラム
技術分野 食品・バイオ
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 二酸化炭素施用技術
目的 より低コストで、より効率的な二酸化炭素施用を行う技術を提供する。
効果 より低コストで、より効率的な二酸化炭素施用を行うことができる。
技術概要
開閉する窓を有する温室において当該窓よりも栽培される植物の近くに設置される二酸化炭素濃度センサーと、
前記温室内に供給する二酸化炭素を発生させる二酸化炭素発生装置と、
前記二酸化炭素濃度センサーにより測定される二酸化炭素濃度に基づいて前記二酸化炭素発生装置を制御する二酸化炭素制御装置と
を有し、
前記二酸化炭素制御装置は、
二酸化炭素濃度の第1設定値を記憶する第1記憶手段と、
前記第1設定値より低濃度であり、かつ400ppm以上である第2設定値を記憶する第2記憶手段と、
前記温室において前記該窓が閉じている場合には前記第1設定値を濃度設定値とし、前記窓が開いている場合には前記第2設定値を濃度設定値として、前記二酸化炭素発生装置を制御する制御手段と
を有する二酸化炭素施用システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT