送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2018002159
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2014-146783
出願日 2014/7/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-216616
公開日 2015/12/3
登録番号 特許第6364268号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及び受信装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置及び受信装置
目的 TLVなどの可変長パケット等の伝送において発生しうる伝送遅延変動を抑制可能とする送信装置及び受信装置を提供すること。
効果 伝送制御情報に拡張領域を有する伝送システムにおいて、コンテンツ提供サービスに関する複数のストリームを伝送する際に、特に可変長パケット等の伝送において発生しうる伝送遅延変動を抑制することが可能となる。
技術概要
伝送制御信号を多重伝送することで伝送制御を行うデジタルデータの送信装置であって、
固定長データ及び可変長データを伝送可能なストリームを入力し、所定の符号化・変調処理を施して変調波を生成する変調波生成手段と、
前記ストリームに関連付ける基準時刻に関する情報を用いて出力用ストリーム基準時刻情報を生成し前記伝送制御信号に埋め込み、所定の符号化・変調処理を施し前記変調波に多重して伝送する伝送手段と、を備え、
前記伝送手段は、前記ストリームに応じた前記出力用ストリーム基準時刻情報を多重したフレーム基準時刻情報を生成し、前記伝送制御信号に埋め込む手段を有することを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT