手話動作生成装置及び手話動作生成プログラム

開放特許情報番号
L2018002156
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2014-084891
出願日 2014/4/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-203860
公開日 2015/11/16
登録番号 特許第6313640号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 手話動作生成装置及び手話動作生成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 手話動作生成装置及び手話動作生成プログラム
目的 高精度な手話翻訳を実現するための手話動作生成装置及び手話動作生成プログラムを提供すること。
効果 手話に必要な指さしを正しく表現した手話動作データを生成することができる。
技術概要
入力データに対する手話動作を生成する手話動作生成装置において、
前記入力データに対応する動作データを読み込む動作データ読み込み手段と、
前記動作データ読み込み手段により読み込まれた動作データに含まれるCGキャラクタの手の位置を解析する動作データ解析手段と、
前記動作データ解析手段により得られる前記手の位置に対応する各関節の位置及び回転角からなるパラメータを用いて、前記手の位置の重心を算出する動作重心算出手段と、
前記動作重心算出手段により得られる前記手の重心に対応させて、前記動作データによる手話動作を行った位置に指さし動作を行う動作データを生成する指さし動作生成手段と、
前記手話動作と前記指さし動作との間の動作を補間する動作補間手段とを有することを特徴とする手話動作生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT