ディスプレイ表示パターン生成装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2018002152
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2014-078334
出願日 2014/4/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-201707
公開日 2015/11/12
登録番号 特許第6317611号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ディスプレイ表示パターン生成装置及びそのプログラム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 ディスプレイ表示パターン生成装置及びそのプログラム
目的 安定的に高精度なカメラキャリブレーションを可能とするディスプレイ表示パターン生成装置及びそのプログラムを提供すること。
効果 ディスプレイ表示パターン生成装置は、撮影カメラの位置、姿勢及び撮影画角に応じて、ディスプレイ表示パターンを適切に変更することができる。これによって、ディスプレイ表示パターン生成装置は、撮影画像において、パターンの図形が潰れて検出できない事態が減少し、安定的に高精度なカメラキャリブレーションを行うことができる。
技術概要
パターン図形が所定の規則で配置されたディスプレイ表示パターンからなるカメラキャリブレーション用の表示画像を生成して、生成した表示画像をディスプレイに表示するディスプレイ表示パターン生成装置であって、
ディスプレイに表示された表示画像をカメラで撮影した撮影画像に対してパターン検出処理を施すことで、撮影画像からパターン図形のパターン中心位置を検出するパターン検出部と、
カメラキャリブレーションによって、撮影画像を撮影したときの撮影カメラのカメラパラメータを求めるカメラキャリブレーション部と、
撮影画像で隣接するパターン中心位置の距離である中心間距離を算出し、算出した中心間距離の最小値が予め設定された距離基準値となるように撮影画像のパターン中心位置を修正し、カメラパラメータにより定まる表示画像と撮影画像との座標系の対応関係に基づいて、修正された撮影画像のパターン中心位置から、ディスプレイに表示する新たな表示画像のパターン中心位置を決定するパターン図形位置決定部と、新たな表示画像で隣接するパターン中心位置の距離である中心間距離を算出し、算出した中心間距離に基づいて、新たな表示画像を生成する表示画像生成部と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT