電子機器、表示方法、プログラム及び通信システム

開放特許情報番号
L2018002150
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2014-073431
出願日 2014/3/31
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-194975
公開日 2015/11/5
登録番号 特許第6348750号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 電子機器、表示方法、プログラム及び通信システム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 電子機器、表示方法、プログラム及び通信システム
目的 マーカー型の利点を有しながら、マーカーレス型の利点であるマーカー設置位置に制限されないで情報提示を行うことができる電子機器、表示方法、プログラム及び通信システムを提供すること。
効果 マーカー型の利点を有しながら、マーカーレス型の利点であるマーカー設置位置に制限されないで情報提示を行うことができる。
技術概要
撮像部により現実空間を撮像して得られた撮像画像を取得する撮像画像取得部と、取得された撮像画像を表示する表示部と、撮像画像取得部で取得された撮像画像に含まれている所定のマーカーを検出し、識別する検出部と、現実空間において、撮像部と所定のマーカーとの相対的な位置及び姿勢を算出する位置算出部と、位置算出部による算出結果に基づいて、撮像部の内部パラメータ(例えば、焦点距離、画像サイズ、歪係数等)により設定される仮想撮像部を仮想空間内の所定の場所に配置する仮想撮像部配置部と、現実空間に配置されている所定の機器を操作するための各手順と、手順ごとに表示すべき仮想オブジェクトと、仮想オブジェクトの配置情報とが対応付けられているテーブルを有する記憶部と、手順を選択する選択部と、選択部により選択されている手順に基づいて、記憶部を参照し、対応する仮想オブジェクト及びその位置情報を読み出す読出部と、読出部により読み出された仮想オブジェクトをその位置情報にしたがって仮想空間内に配置し、仮想撮像部により仮想空間内を撮像するレンダリング部と、表示部に表示されている撮像画像にレンダリング部で撮像した結果を重畳する重畳部と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT