チャンネル数変換装置

開放特許情報番号
L2018002149
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2014-085529
出願日 2014/4/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-195545
公開日 2015/11/5
登録番号 特許第6313641号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 チャンネル数変換装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 チャンネル数変換装置
目的 5.1chを超えるような複数の音声チャンネルの音声信号のチャンネル数を変換する際の不都合を改善するチャンネル数変換装置を提供すること。
効果 5.1chを超えるような複数の音声チャンネルの音声信号のチャンネル数を変換する際の不都合を改善するチャンネル数変換装置を提供することができる。
技術概要
第1のチャンネル数の音声信号のチャンネル数を第2のチャンネル数に変換するチャンネル数変換装置であって、
前記第1のチャンネル数の音声信号は、FC、FLc、FRc、FL、FR、SiL、SiR、BL、BR、BC、LFE1、LFE2、TpFC、TpFL、TpFR、TpSiL、TpSiR、TpC、TpBL、TpBR、TpBC、BtFC、BtFL、およびBtFRの各チャンネルを含み、
前記第2のチャンネル数の音声信号は、C、L、R、LS、RS、およびLFEの各チャンネルを含み、
g↓1、g↓2、g↓3、g↓4、g↓5、およびg↓6をそれぞれ所定の係数として、
【数1】
に従ってチャンネル数を変換するチャンネル数変換部と、
前記第1のチャンネル数の音声信号および前記第2のチャンネル数の音声信号のラウドネスに基づいて、前記第2のチャンネル数の音声信号のラウドネスを調整するラウドネス調整部と、
を備える、チャンネル数変換装置。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT