送信装置、受信装置及び水中伝送システム

開放特許情報番号
L2018002146
開放特許情報登録日
2018/10/11
最新更新日
2018/10/11

基本情報

出願番号 特願2014-044075
出願日 2014/3/6
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-170962
公開日 2015/9/28
登録番号 特許第6371539号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置、受信装置及び水中伝送システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置、受信装置及び水中伝送システム
目的 水中で可視光を用いて映像データを伝送する際に、可視光が遮断された場合であっても、映像データが途切れ難い伝送を実現可能な送信装置、受信装置及び水中伝送システムを提供すること。
効果 水中で映像データを可視光により伝送する際に、可視光が遮断された場合であっても、映像データが途切れ難い伝送を実現することができる。
技術概要
水中で可視光を用いて映像データを受信装置へ送信する送信装置において、
前記映像データを格納するバッファと、
前記バッファに格納された映像データを所定の高レートまたは低レートでエンコードし、圧縮データを生成するエンコーダと、
前記エンコーダにより生成された圧縮データをパケット毎に分割し、分割圧縮データとしてパケットに格納すると共に、前記分割圧縮データに対応するシーケンス番号を前記パケットに付加し、前記分割圧縮データ及び前記シーケンス番号を含むパケットを、可視光の搬送波を用いて変調し、変調信号を送信する送信部と、
前記所定の高レートまたは低レートでエンコードさせるための指示を前記エンコーダに出力すると共に、前記シーケンス番号を前記送信部に出力し、前記変調信号を受信した前記受信装置から、前記パケットに含まれるシーケンス番号を受信済シーケンス番号として受信する受信部と、を備える送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT