送信装置、受信装置、デジタル放送システム及びチップ

開放特許情報番号
L2018002129
開放特許情報登録日
2018/10/10
最新更新日
2018/10/10

基本情報

出願番号 特願2014-019570
出願日 2014/2/4
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-089096
公開日 2015/5/7
登録番号 特許第6366946号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置、受信装置、デジタル放送システム及びチップ
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置、受信装置、デジタル放送システム及びチップ
目的 奇数ビットを表すシンボルをIQ平面にマッピングするケースにおいて、受信特性を改善することを可能とする送信装置、受信装置、デジタル放送システム及びチップを提供すること。
効果 本発明によれば、奇数ビットを表すシンボルをIQ平面にマッピングするケースにおいて、受信特性を改善することを可能とする送信装置、受信装置、デジタル放送システム及びチップを提供することができる。
技術概要
入力ビット列に対して所定符号化率で誤り訂正符号化処理を適用する誤り訂正符号化部と、
IQ平面において定義される理想的なシンボル座標を用いて、奇数ビットを表すシンボルを前記IQ平面にマッピングするマッピング部とを備え、
前記奇数ビットのうち上位2ビットは、前記IQ平面上の象限と対応付けられており、
前記理想的なシンボル座標は、前記所定符号化率に応じて最適化されており、かつ、前記IQ平面上で同心円上から外れる位置を取り得るように各シンボル座標が最適化されていることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT